このブログがランキング何位か見てみる



2005年11月05日

続・星の金貨。

前回の続きだYO。



さてさて、

証券所がコンピュータ化された1999年から株取引はどんどん増え、

2000年頃は一日あたりの総出来高が10億株に満たなかったものが、

今や一日あたり30億株を超える勢いだそうだYO。



ネット証券が登場し、株取引が容易に出来る環境になったのが大きく影響しているみたいDAね。

では最近になって急激に増えている株人口は一体どんな人たちなのか?



きっと僕みたいな人たちなんじゃない?



前回述べたYOにネット上でのツールの充実が著しく、

初心者でも簡単にゴールデンクロスなど、

買いや売りのシグナルをスクリーニング出来るようになった。



カブドットコム証券などは、ボタン一つでお勧めの銘柄を抽出できる。

前回紹介した"NUBO"も同じような機能がついている。



僕はZAIという株の情報誌を愛読してるが、

銘柄の選び方は他の雑誌を見ても一緒。



"バリュー株を狙おう"

"割安株を買え"



そしてスクリーニングの検索条件も数値までご丁寧に書かれている。



これらに書いてある通りスクリーニングすれば、

おのずとみんな同じ銘柄を抽出することとなる。

かくいう僕もこれにならってスクリーニングしている。



前述の、ボタン一発でお勧めの銘柄を教えてくれるツールだって、

当然みんな同じ情報を手にすることとなる。



"バリュー株"という文句に誘導され、

またはこれらの予想ツールを使ってみんな同じ銘柄に辿り着く。



するとどうなるか?



実際にこれらのツールを使って、そこから抽出された銘柄を数日間検証してみたYO。



・・でも疲れたからこの続きは明日書くYO。



・・ん? なんだい?



まじめに調べてるじゃないかって?



まあ・・ホントは株を買う気なんてサラサラ・・ほにゃららら・・。


posted by ピヨちゃん at 02:49| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 株日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8980814

この記事へのトラックバック